Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙すると太る理由

タバコを止めると太るといわれますが、実際には環境的に太りやすくなると表現したほうが正しいようです。禁煙を行う際には体重が増える傾向にあり、その後禁煙に慣れてくると体重も落ちてくるもののようです。

禁煙を行うことで太りやすくなる理由としては、今まで喫煙していて調子がよくなかった胃腸の類が健康を取り戻してくることで食欲も増すということもありますし、タバコを止めていると口寂しくなるということも多いでしょう。これ等のことからもお分かりだと思いますが、禁煙を通じて直接に太るということではなく太りやすくなるというだけのことなのです。たとえ環境が太る原因になったとしても、通常と同じように食べている人には体重が増える危険はないということになりますが、普通はそれほど意思の強い人もなかなかいるわけではなく、太るのが嫌でタバコを止められない人もいると思います。

 しかし、タバコを止めることで生じるメリットには計り知れないものがあります。周りの人に迷惑をかけることもないですし、タバコを止めたときに実感できるタバコの害としては言い表せないものであるかもしれません。禁煙をしてたとえ太ったとしても、其の跡にダイエットなどをすることで其の悩みも解消できます。太る心配よりは健康をまず取るのが良いでしょう。タバコには太らない作用もあるようですが、ニコチンには抗肥満作用として脂肪組織に脂肪がたまらないようにするという働きがあるようです。禁煙によって一時的に太る人については、実際は健康な元のからだの状態に戻ることで太る悩みも解消できるようです。


禁煙を志す方へ読んでお役に立ちますwのトップへ

禁煙のメリット

禁煙を行うことで生じるメリットといえば、まずは人前などでタバコにおいを気にすることがないですし、部屋もにおうことがなくなります。タバコ代に消えていたお金がかからないことになりますし、せきや痰なども出なくなり、食べ物がおいしく感じられるようになります。これ等禁煙を始めてからの1?2週間の間がガマンのしどころといったところのようですが、禁煙になれてくることで様々なよい点が自分の体に感じられてくるのですが、食べ物に対しても感覚が敏感になってくるもののようです。食事の際もウドンなどを食べるときのダシの味や、おすしの味などに対しても、これまでそれほど感じられなかったおいしさがわかるようになり、止めてよかったと思う瞬間のひとつとなるようです。

 タバコを止めた際に登山などに出かけるときにおいても、いままでタバコを吸っていたころには息も切れてしまいゼーゼー登っていたものが、今では登ることが余り辛くはなくスイスイ登れてしまうようでもあります。タバコを止めてから一ヶ月では大体すわないでもいられるといったところですし、タバコを吸うことにとらわれなくなるころでもあるようです。タバコを止めてから3ヶ月ほどになると、タバコを吸っている人を目の前にしてもそれほど気にならなくなります。

 タバコを止めることで周囲の人から注目され、評価されるということもあるようですし、タバコをまだ吸っている人からはうらやましがられたりもするようです。喫煙席などの場所は狭く数も少ないため今までは肩身も狭かったのですが、これからは堂々と施設などを使用できるようです。



禁煙を志す方へ読んでお役に立ちますwのトップへ

グアムの禁煙について

グアムでは2006年6月に行われたグアム高等裁判所の決定によってナターシャ保護法」と呼ばれる禁煙についての法律が施行されたようです。ナターシャ保護では、グアム島内の全ての公共施設の屋内にて禁煙が行われます。この法律によって喫煙所として確認が取れた公共の場所以外での喫煙はできないとされており、つまり公共の場所にてタバコを吸う際には喫煙所として別に設けられた場所以外での喫煙はできなくなることになります。
ナターシャ保護の大きな改正点としては、レストランでの喫煙完全に禁止されているという点が上げられます。また、この他の禁煙が義務付けられている公共の場所としてはエレベーターや公衆のトイレ、水族館や美術館などの施設やバス、タクシーなどのオ交通機関内でも禁煙となりますし、ホテルなどやヘルスケア等の医療機関などでも禁煙は実行されるようです。

 グアムにて喫煙が許される場所としては、バーであるとかタバコ販売店、個人の家などとなっておりますが、自宅の場合でもそこが医療機関として使用されているということなどがある場合にはタバコは吸えません。また宿泊する人に供されるホテルの客室内や一部のテラス・バルコニー等ではタバコを吸うことができるようです。その他には喫煙者が複数いるなどの場所で指定された仕事場の中などで喫煙できるということなのですが、これらタバコを吸いたい人は其の場所の担当に喫煙可能な場所を確認することが義務づけられます。


禁煙を志す方へ読んでお役に立ちますwのトップへ

禁煙タクシー車の普及

現在、禁煙タクシーの普及が求められているところでもあります。業界団体東京乗用旅客自動車協会のアンケートによると、タクシー利用者の7割に上る人がタクシー内の禁煙を求めているということです。また、タクシーのほとんどが加盟している社団法人「全国乗用自動車連合会」「全国個人タクシー協会」らの調査では、タクシー禁煙にしている車両の割合は平均でも0.9%しかないことも明らかになっているようです。

 喫煙していない人にとっては、タクシーはタバコに関して不快なもののひとつとされています。車内ははタバコにおいで一杯なのをあきらめるしかない状態だったところに、近年ようやく運輸省では禁煙タクシーの認可制を取りやめたため、禁煙車を自由に取り入れることなどが可能になっているようです。バスなどの他の交通機関に比べてタクシーでは禁煙に対する対策が遅れていることは否めません。これまでは禁煙タクシーについては地方運輸局への申請が必要でした。これ等が改正されることによって、禁煙車を導入できることになっているようですが、タクシーの中には禁煙看板に持ってくることで売り上げが落ちた等のタクシーもあるということです。

 運輸局の定めによると、標準運送約款に禁煙タクシーであることを明記している車両に関しては、運転手が客に対して禁煙を求めることができるものとされています。基底の中には、乗客が禁煙に応じない場合は乗車を断ることもできるということです。これ等のタクシーは表示に禁煙車という看板をつけることで禁煙タクシーとしての営業ができることになります。


禁煙を志す方へ読んでお役に立ちますwのトップへ

禁煙パッチニコチネルTTSについて

禁煙治療の際に使用する方法のひとつとしてニコチン置換療法というものがあります。ニコチン置換療法とは、ニコチン喫煙以外の方法で体に取り入れることにより禁煙を始める際に生じるイライラなどの離脱症状などを軽くすることで禁煙を成功しやすくしていこうというものです。
 ニコチン置換療法の一つとして禁煙パッチを使用する方法があります。禁煙パッチニコチン肌に貼る事によって吸収し、禁煙の際の辛い禁断症状を和らげてくれます。禁煙パッチは商品名をニコチネルTTSといい、ノバルティスファーマ社がスイスで発売したものです。ニコチネルTTSは1990年に発売されてから現在では60カ国以上の国で禁煙補助薬として承認されています。

 この禁煙パッチニコチネルTTSは、経皮吸収薬として禁煙の際に使用するのですが、薬の作用としては皮膚に禁煙パッチを貼り付けることによってニコチンを体に吸収し、禁煙の際に感じるニコチン離脱症状等を和らげて禁煙を行いやすくしてゆくものです。製剤としては、薬の量により3つの形に分かれています。薬の使用法としては取替えは一日に一回行うものとし、全期間では8週間で終了させるものです。この期間を超えて10週間以上使用してはいけません。新しい薬に取り替える際は、以前貼っていた箇所は避けて使用します。貼り忘れたときはすぐに薬を貼るようにします。
使用法に誤りがあったときなどは、医師か薬剤師に相談するものとして、薬の使用後は接着面を合わせてたたみ、薬が入っていた袋に入れて捨てると良いでしょう。


禁煙を志す方へ読んでお役に立ちますwのトップへ

Appendix

My Yahoo!に追加 Add to Google

スポンサード リンク

プロフィール

Author:禁煙ナビ
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサード リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。