Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙と肺との関係

呼吸器に関する病気のおもなものとしては、結核インフルエンザかぜ肺気腫などが一般的とされます。結核では結核と名のつく細菌が感染してその結果伝染性の病気を引き起こすことになるようです。感染箇所としては肺の部分胸膜が多いとされますが、その他の体の部分に感染が起こる場合もあるようです。
結核では、一度菌がの中に入ることで増殖が行われて炎症が起こり、好球菌などやマクロファージはそれらの菌から体を守るために戦います。この際に免疫機能が落ちていない場合にはこれ等の結核休眠状態を取りますが、免疫の機能が落ちている場合には結核が血液などに入り込んでその他の臓器に感染し悪さをしてゆくことになります。かぜインフルエンザでは数百種類に及ぶライノウイルスと呼ばれるものが病気を引き起こすとされています。これ等タバコを吸うことによっては気管支の近辺の機能が落ちてくることになりますので、上記の病気にもかかる率は高くなるといえます。

 タバコを止めることで体調はよくなりますし、せきや痰なども出なくなり食べるものがおいしく感じられるようになります。禁煙に成功するということで自分自身に対する評価を高くできるようにもなりますので人生が楽しく感じられることでしょう。また、病気への抵抗力が元に戻ることで色々な疾患にかかりにくくなってきますし、周りの人たちへの受動喫煙の害などを減らすことにもなります。タバコストレス解消に使われることも多いようですが、様々な弊害があるのも事実なのです。


禁煙を志す方へ読んでお役に立ちますwのトップへ

ハワイの禁煙法とは

ハワイでも禁煙への取り組みが強く行われるようになっているようです。2006年11月よりハワイでは喫煙しない人たちを間接的に喫煙してしまう自体から避けるための法律として新禁煙法」が成立しました。新禁煙では、公共の場所などが全面的に喫煙禁止となるようです。新禁煙が施行される公共の場所とは具体的にはハワイ内の観光施設を含む多くの場所がこれ等の禁煙の対象となるようです。

 ある新禁煙の対象となったホテルでは、客室内の禁煙はもちろんのことバルコニーであるとかロビーなどや、建物の出入り口から測って6メートルの圏内では全ての場所で禁煙を実行することになったようです。
その他ハワイにおいて新禁煙の対象となる公共の施設というとレストランナイトバーショッピングセンター空港および公共の交通施設その他屋外アリーナや競技場などの場所を含みます。また個人の住居等でも介護施設に利用しているものであれば禁煙の対象になりますし、これ等の対象となる場所においては建物の出入り口から6メートルの圏内では全て禁煙の場所となされるもののようです。これ等の新禁煙法に違反してタバコを吸ってしまった場合は、罰金を支払うことになるのですが個人や企業等によって金額が異なり個人では50ドルから最大は企業の場合で500ドルという大金を支払わねばならないことになります。

 喫煙の可能な場所も中にはあるようで、ビーチや海洋生物保護区に指定された場所を除くビーチパーク喫煙を許可されていますし、ホノルルの国際空港においては屋外にて、指定された場所においてはタバコを吸うことができるようです。


禁煙を志す方へ読んでお役に立ちますwのトップへ

禁煙ニコレットについて

ニコチンガム製薬が開発した禁煙グッズとしては、タバコを止めるという人のための医薬品であるニコレットがあります。ニコレットは、禁煙に際しての禁断症状であるいらいら感や集中しにくいなどの症状を和らげることでタバコを止める際の手助けを行います。

ニコレットシリーズは禁煙するときの症状を穏やかにする性能があるもので、かむことでタバコ自体を嫌になるとかという効能があるものではありません。ニコレットはガムによってニコチンタバコ以外の方法で摂取するという製品ですので、タバコをもともと吸わない人や今吸っていないという人に対しては体に悪影響がありますので使用しないことが望ましいとされています。

 これらニコレットシリーズはニコチンを補充しながら徐々に減らしてゆくという方法をとるものですが、禁煙ガムニコチン置換療法の一つとして使用されている方法でもあります。ニコチン置換療法は1967年に考案されたもので、スウェーデンの海軍の潜水艦の乗組員が航海中に体験したタバコを止める際の禁断症状に対して、オベ・フェルノ博士が開発した方法です。1978年には現ファイザー社であるスウェーデンのファルマシア社によって禁煙ガムニコレットが開発されたようです。日本ではニコレットの発売は1994年に医薬品として発売されていて、2001年には一般にも売り出されることになりました。

 ファイザー社では、ニコレット以外にも禁煙補助剤を開発していますが、その内容としてはニコチンガムのほかに禁煙パッチ点鼻薬舌下錠剤などがあるようです。其の中でもガムの形のニコチン製剤であるニコレット禁煙を行う際の補助として安全かつ手軽に手に入れることができる薬剤として60カ国の国々で20年以上もの間使用されているようです


禁煙を志す方へ読んでお役に立ちますwのトップへ

マルマン禁煙パイポの種類

禁煙したいという人のための道具としては禁煙パイポというものがあります。発売されてから20年にもなるマルマン禁煙パイポは、手軽に禁煙したりタバコを減らしたりすることができる道具として多くの人に愛用されている商品でもあります。
禁煙パイポを製作する際には天然の香料などを使用していますし、タバコの代わりに禁煙パイポを吸うことによってストレスを和らげるリラックスパイポのほかにもマタニティイライラを和らげるパイポや花粉症をスッキリさせることを目的としたパイポなども売り出されているようです。

 禁煙パイポはコンビニなどにも置いてありますし、その他駅の販売店やドラッグストアなどの全国各地のお店にて購入することができるようです。パイポの種類の中には機能パイポとして眠気を覚ますものなどもあります。機能パイポスペアミント味では、眠気に聞くとされるメントールなどの成分が配合されているもので、試験勉強や夜間の運転、仕事中などに使用するのも良いですし、その他の味としてはグレープフルーツ味クロロフィル入りのグリーン味、その他では天然ハーブ入りのパイポなどもそろっているようです。

 マタニティパイポの種類としてはレモンの味オレンジ味などがあり、いずれも妊娠中の喫煙は胎児に良くない影響を与えるとされていますので、妊婦の禁煙のために開発されたものです。妊娠中のタバコは主に胎児に対して死産や早産の危険を高めますし、低体重児の出産の確率を高くするものでもあります。マタニティパイポタバコの代わりに吸うことでイライラを沈めるほかに肌にもよい成分を使用しているようです。


禁煙を志す方へ読んでお役に立ちますwのトップへ

女性の肌と禁煙

若い女性に人気のタバコでは最近ではニコチンタールの量が少ないという商品が出てきているようです。常にタバコを吸う人の場合で言うと、一日に必要とするタールニコチンの量が決まっている人も多く、其の一定量のニコチンを体が必要としてしまうためにタールニコチンの少ないタバコだと本数などを増してすってしまったり通常よりも吸い込むことを深くおこなうという結果になりがちです。

 これ等の結果、たとえニコチンタールの量が少ないタバコを購入したとしても、体に入ってくるニコチンとしては変わらないことにもなりますし、一酸化炭素を吸い込んでしまう危険性から言うと軽いタバコのほうが危険だともいえます。また、軽いタバコといえども、タバコの危険で怖いのはタバコに対して依存してしまうということなのですから、量を抑えるだけでは解決できないという面もあることを知っておかなければなりません。

 タバコ女性に与える害のひとつとしては、タバコをすうことで肌の老化を進ませるということがあります。よくタバコを吸う人は、吸わない人に比べてしわができやすくなる率が5倍も違うということです。タバコを吸うことで血管が縮みますので血の流れが悪くなりビタミンC大量に失うことになります。その結果として肌が荒れてくるのです。また、タバコを吸っていると素肌が酸素不足を起こしてしまい、肌の組織であるコラーゲンなどを傷つけることにもなります。タバコを一本吸うことでビタミンCが失われるのですがその量は25ミリグラムにもなり、レモン一個分のビタミンCよりも多いということです。


禁煙を志す方へ読んでお役に立ちますwのトップへ

Appendix

My Yahoo!に追加 Add to Google

スポンサード リンク

プロフィール

Author:禁煙ナビ
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサード リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。